ブログ

01日 2018年 08月

これだけ暑いと頭がボーっとする・・・というメカニズム

日本全国で、記録的な猛暑が続いています。

もちろん神戸も猛暑続きで、熱中症で倒れる人も少なくありません。

いつから日本はこんなに暑い国になったのかと思いますが、

これが冬になると一転、

とても寒くなるのですからそれで体調を崩してしまう人が

出てきても全く不思議ではありません。

ところで、暑いことと脳の働きには深い関係があります。

暑いと頭がボーっとすると言いますが、実際にそれを

経験したことがあるという方は少なくないと思います。

南国の人があまり勤勉ではないのは、暑すぎて頭がボーっとするせいだという、

もっともらしい話もあるくらいです。

これを脳の働きという視点で見てみると、

確かに暑いと頭がボーっとして思考が鈍ったりしてしまうことはあります。

これには人間の身体の働きが関わっているので、

脳に何が起きているのかを解説しましょう。

気温が高くなると、その影響で体温も上昇します。

しかし自然のままに体温が上がり続けるとさまざまな悪影響が生じるため、

人間の身体は体温を下げて一定に保とうとします。

その働きのために体力を消耗し、

本来であれば脳にいくはずだった血液循環が悪くなってしまい、

血行が鈍くなることによって脳の働きが鈍くなってしまいます。

これが、まず考えられる一つ目のメカニズムです。

もう一つ、先ほどのように体温上昇を抑えるために体力を消耗することを踏まえて、

それを最低限に抑えようという条件反射が起きます。

体温上昇を抑えるための働きを阻害しないように、

できるだけ体力の消耗を避けようという防衛本能が働きます。

その結果、脳の働きも消耗を避けようとするため鈍くなります。

これらがすべてではありませんが、人間の身体には暑いという

外的なダメージから脳や体を守る働きがあります。

暑くて頭がボーっとするのは、こうした防衛本能が正常に

機能していることの表れであると考えられます。

しかし、こうした機能にも限界があります。

あまりにも暑いところに長時間いると体力の消耗によって防衛本能も鈍くなってしまい、

ついには熱中症になってしまうのです。

皆さん、くれぐれも暑さ対策はしっかりとおこなってください。

20日 2018年 07月

認知症予防で注目される「高齢者ツーリズム」

最近、テレビなどで高齢者の方が旅行をしている映像、

もしくは高齢者の旅行を取り扱っているようなサービスの

テレビCM などを見かけることが多くなったと思いませんか?

日本は高齢化社会へ確実に進んでいっているので高齢者層が

顧客候補として有望なのは最大の理由だと思いますが、

それ以外にも高齢者をターゲットとした「高齢者ツーリズム」

という概念が普及してきています。

これはいったい、何でしょうか。

ツーリズムというのは旅行文化のことですが、

最近では高齢者の方々にも旅行を好む人がとても多くなっています。

この旅行というのが、実は脳の働きにとても大きな効果をもたらすというのが、

今回お伝えしたい主旨です。

少し考えていただくと分かりますが、旅行は見たことがない景色、

見慣れない景色や風土との出会いです。

しかも普段よりも移動が多くなるので、当然歩く距離も長くなります。

無意識のうちに多くのものに触れたり出会ったりすることで脳はフル回転し、

さらに普段よりも歩くことでウォーキング効果が生まれて脳が活性化します。

さらに、旅行には人との出会いという醍醐味もあります。

団体旅行であればガイドさんや同じ団体旅行に参加している人たち、

現地の人たちといったように、多くの人と出会い、話す機会があります。

こうした対人コミュニケーションの機会も脳の働きをフル回転させるため、

やはり脳の活性化につながります。

家でゴロゴロとテレビを見ている一日と、旅行に出かけて忙しく動き回っている一日。

そのどちらが脳に良い効果をもたらすかは、言うまでもありませんね。

最近ではネットを活用することで安く旅行に出かける手段を探しやすくなりました。

自分で旅の手配をする方はそれだけでも脳を大いに使うことになるため、

もちろんこれも脳トレになります。

旅行から帰った後も、脳トレは続きます。旅先で撮った写真の整理をしている時や、

その写真をSNS やブログ、旅行口コミサイトに投稿する人も多くなっていますが、

こうした活動をすることも脳を働かせるため、いずれも認知症予防に効果的です。

このように旅行が脳の健康にとても役立つということから、

高齢者ツーリズムの流れは今後さらに加速していくことでしょう。

09日 2018年 07月

カレーの食習慣が脳を健康にする?

カレーといえば、もともとはインドの食文化でありながら

日本にすっかり定着した国民食のひとつです。

当のインド人が日本に来てカレーを食べると全く別物であることに驚くとともに、

これが本家を上回るほど美味しいと感じる人もいるようで、

このあたりにも日本の食文化の奥深さを感じます。

このカレーにはたくさんのスパイスが使われていますが、

このスパイスのそれぞれに高い健康効果があり、

それが脳の活性化にも役立っているということをご存知でしょうか。

それと直接関係がありそうなのが、日本とアメリカで活躍を続ける野球選手のイチローです。

彼には毎朝必ずカレーライスを食べる習慣があるそうで、

それは日本にいる時もアメリカに渡ってからも変わっていないそうです。

おそらく最初は本当に大のカレー好きで、毎朝でも食べられたということなのだと思いますが、

その習慣が功を奏してか野球人生が大成功を収めることによって

逆に習慣として続けるようになった・・・という感じなのではないかと思います。

実はこのカレーに使われている数々のスパイスには、それぞれ高い健康効果があります。

例えば主成分であるターメリックには認知症予防や肝機能向上の効果があることが分かっていますし、

カレー特有の香りのもととなっているクミンには消化機能向上の効果があります。

その他にもコリアンダーにも消化機能向上、ガーリックには動脈硬化予防などなど、

それはもう「食べる漢方薬」といっても良いほどの健康成分オンパレードです。

これだけ高い健康効果のあるものを毎朝食べているということは、

やはりイチロー選手のパフォーマンスに何らかの影響を与えていることは間違いないでしょう。

特に脳神経外科医として注目したいのが、

ターメリックに含まれているクルクミンという成分の認知症予防効果です。

アルツハイマー病の予防に役立つ成分と言われているので、

定期的に意識して摂取することを心がけてみてはいかがでしょうか。

カレーが嫌いという人はあまりいないと思いますので、無理なく続けられる食習慣だと思います。

03日 2018年 07月

アスリートの集中力には脳の働きが大きく関わっている

2018 年6 月は、サッカーのワールドカップが大いに盛り上がりを見せました。

世界の一流プレイヤーたちが技を競い合い、

どのチームが世界一になってもおかしくないような熱戦の連続でした。

サッカーに限らず、こうしたアスリートたちが常人では

考えられないような集中力を発揮するシーンをしばしば見ることがあります。

プロ野球の大一番の打席で見せる集中力、

オリンピックでメダルがかかっているような試合で見せる集中力・・・といった具合です。

結局のところ、この集中力の差で勝敗が決まっていると思えるほど、

勝つためには集中力を発揮して普段の練習の成果を出し切るかがとても重要です。

身体能力はトレーニングによって鍛えることができますが、

こうした集中力は同じ方法だけで鍛えることはできません。

ちなみに、このようにアスリートが極限の集中状態になることを「ゾーン」といいます。

このゾーンより少し緩やかな集中状態のことは「フロー」と呼ばれ、

いずれも脳の働きが深く関わっています。

私たち一般の人間が「集中していたので仕事や勉強がはかどった」と

実感できる時は、おそらくフローです。

ゾーンの状態になることは一般の人ではなかなかないので、

いかにこのゾーンの状態を作ることができるかもアスリートの力量につながります。

一流のアスリートは、メンタルトレーニングによってこのゾーンに入る能力を養っています。

具体的には言葉の使い方や意識の持ち方、呼吸法といったような方法なのですが、

これは個々のアスリートによって最適な方法が異なるため、一概には言えません。

中にはマインドフルネスといってヨガの思想を採り入れた方法を用いる人もいます。

いずれにしても一流のアスリートにはメンタルトレーニングの専門家がしっかりとついているので、

ゾーン状態を作り出すことであれだけの集中力を発揮できるのです。

やはり人間は、すべての機能が脳によってコントロールされているということがよく分かる一幕なのでした。

19日 2018年 06月

脳内麻薬の中毒になると、どうなる?

人は空腹になると、お腹が空いたと感じるようにできています。

その空腹感に応えて食べ物を食べると満足感が得られますが、

この満足感は脳内で分泌されているドーパミンという物質によるものです。

食べ物がおいしい、食べ物を食べられて嬉しいといったポジティブな感情はすべて、

ドーパミンがもたらしているものだと考えて良いでしょう。

この仕組みがあるからこそ、

人はきちんと食べ物を食べてエネルギーを補給できています。

しかし、脳内麻薬と呼ばれるほど快感をもたらすこのドーパミン、

この快感が欲しいがために人はさまざまな影響を受けています。

食べ物を食べて美味しかったら快感になれるのであれば、

もっと食べて快感になりたいというサイクルに入ってしまい、

食べ物依存症になるケースがあります。

食べ物依存になると体に負担がかかるため、

その行きつく先は糖尿病などの生活習慣病です。

コーヒーやお茶に含まれているカフェインやお酒のアルコール、

タバコのニコチンなどにも依存性がありますが、

これらの物質を体内に取り込むことによって

ドーパミンが分泌されて快感になれることが原因です。

もっとひどい例としては、麻薬も仕組みは同じです。

脳内麻薬の中毒になりやすい物質として身近なものには、糖分や塩分、油分、

そして人工的なうまみ成分である化学調味料などが挙げられます。

特に最後の化学調味料は人間の味覚を研究した上で

作り出されたうまみ成分なので脳が美味しいと感じやすく、強い依存性があります。

家で作った料理よりも外食やインスタント食品などが

美味しいと感じる方は多いと思いますが、

そこには化学調味料が深く関わっている可能性大です。

化学調味料によって美味しいと感じることで、

ドーパミンが出るというメカニズムに対して依存してしまっているわけです。

食品メーカーや外食チェーンなどは、自社の製品が売れること、

自社の店舗にお客さんが来ることが戦略の第一目的です。

それを達成するには脳内麻薬の中毒になってもらい、

「これがないと始まらない」というくらいに自社の製品を好きになってもらいたいわけです。

そこで使われるのが化学調味料、というわけです。

食べ物を美味しいと感じることは幸せの根幹に関わることですが、

その美味しいという感覚が本物なのか、

人為的なものなのかを意識することは健康に関わる大きな分かれ道と言えるでしょう。

Prev12345678Next

脳ドックのご予約はコチラ。予約の状況、時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
※中休みは無く診療しております。
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。

料金 23,000円 (税込)から。 全コース内容はコチラ>>>
日本脳ドック学会推奨項目プラン 認知症検査付きの検査はコチラ>>>