ブログ

10日 2018年 04月

神戸で利用しやすい認知症カフェのご紹介

認知症は今や社会全体の問題として提起されており、
介護に関わるご家族だけで抱え込むことなく社会全体で向き合っていこうという流れにあります。
その一環として各地で開催されているのが、認知症カフェです。
もちろん神戸にも、利用しやすい認知症カフェがたくさんあります。
行政からも積極的な情報が提供されています。
兵庫県の関連ページでは、
認知症カフェの定義と特徴を掲載した上で兵庫県内の活動状況が実名入りで公開されています。
・認知症カフェについて(兵庫県)
ここには神戸市内の情報も豊富に掲載されているので、お探しの方は参考になると思います。
次に、福祉団体による認知症カフェの活動状況もご紹介しましょう。
神戸市社会福祉協議会では「こうべオレンジカフェ」という活動が行われており、
このオレンジカフェというのが認知症カフェに該当します。
介護施設や老人ホームなどでの開催が目立ちますが、
独立したカフェとして運営されているところもあって多種多様です。
その一覧は、こちらでご覧になれます。
・こうべオレンジカフェ一覧(全市版)
参加費はいずれも100 円から数百円程度なので、気軽に参加できるところばかりです。
一度も認知症カフェを利用したことがない方にとっては敷居が高く感じられる部分があるかも知れませんが、
実際に行ってみると「行って良かった」という感想を持つ方がほとんどなので、
あまり難しく考えず「ちょっと行ってみよう」という感じで行ってみると良いのではないでしょうか。
活動の内容も、それぞれのカフェによって実に多彩です。
基本的には介護に取り組んでいるご家族を含めて認知症に関わる方が
安心していることができる居場所を作るというのが主旨ですが、そのために文化教室を催したり、
折り紙や脳トレゲームなどで脳を活性化させるといった活動を行っているところもあります。
どのカフェも専門家がプロデュースしているので、行ってみると何かプラスになることがあるはずです。

02日 2018年 04月

タバコが脳に悪いと言われる理由を医師の立場で語ります

ここ最近、タバコに対する風当たりが実に厳しくなっています。
公衆の場所は禁煙が当たり前ですし、新幹線でも喫煙できる車両がどんどん少なくなっています。
愛煙家に言わせると「そこまでしなくても」という迫害意識も当然あるかと思いますが、
やはりタバコは百害あって一利なしというのが医師としての見解です。
脳の医療に関わる身として、なぜタバコが良くないと言われるのか少し解説したいと思います。
ご存知のように、タバコにはニコチンという嗜好物質が含まれています。
ニコチン中毒という言葉があるほど依存性が高い物質で、
愛煙家のほとんどはこのニコチンによる快感を楽しんでいます。
しかしニコチンには血管の収縮や、そこから派生する心拍数や血圧の上昇をもたらします。
愛煙家のほとんどは1 日に20 本以上のタバコを吸うと思いますが、
1 日に20 回以上この状況が起きるのは、脳にとって極めて不健康です。
その結果として脳卒中のリスクが数倍に跳ね上がることになります。
それともうひとつ、タバコによる弊害で見逃せないのが一酸化炭素です。
タバコの先端には火がついていますが、炎のようにメラメラと燃え上がることはありません。
「いこっている」状態なので、メラメラを燃えている時よりも不完全燃焼で発生する一酸化炭素が多く生じます。
ストーブなど暖房時に換気をしなかったことで一酸化炭素中毒になってしまい、
人が亡くなる事故が起きることがありますが、タバコの先端ではそれに近いことが毎回起きているのです。
それを吸い込むと酸素の運搬が阻害されるので、結果として酸欠になります。
酸欠になると動脈硬化や脳の機能低下が起き、やはり脳卒中の発生リスクを数倍高くします。
愛煙家の方々にとっては、「そんなこと承知の上で吸っている」と思われることだと思いますが、
脳卒中を引き起こしてしまうとご自身だけの問題では済まなくなります。
予後が悪ければ後遺症が残って、介護を必要とすることになるかも知れません。
そうなると仕事を続けられなくなるばかりかご家族にも影響を及ぼすことになるので、
そこまでのリスクを考慮された上で喫煙の是非をお考えいただければと思います。

16日 2018年 03月

キレる子供の問題を医療のアプローチで紐解くと

突然感情をむき出しにして怒りだしたり、かと思えば一切のコミュニケーションを拒否して引きこもったり。
10 代の子供たちに見られる行動パターンには、大人とはまるで違うものがあります。
それを思春期という言葉で片づけられてきたわけですが、それだけでは済ませられない現象も多くなっています。
それを象徴するのが、キレる子供の問題です。
親に口答えをしたり乱暴な態度を取るというのは思春期にありがちなレベルですが、
人を傷つけたり殺してしまったりするとなると尋常ではありません。
なぜこんな問題が起きるのかという理由を考察すると、脳内の前頭前野という部分にヒントがあります。
脳の前頭前野は言葉を使ったり計算をするといった知的な活動に欠かせない部分ですが、
それに加えて他人の考えていることを慮ったり、社会との兼ね合いを考えたりする能力も備わっています。
感情をコントロールするのは理性ですが、この前頭前野には理性を司る能力があるのです。
簡単に言ってしまうと、前頭前野があまり発達していない人は感情をうまくコントロールできず、
暴力を振るったり人を殺めてしまったりするわけです。
怒りやその相手をやっつけてしまいたいという衝動は誰にでもあるものですが、
それをしたらどうなるか、そこまでする必要があるのか、という理性が実際の行動を抑えてくれるので、
大事には至らないというのが健全な姿です。
ではこの前頭前野は、どうやったら発達させることができるのでしょうか。
月並みではありますが、やはり重要なのは他者との触れ合いやコミュニケーションです。
人間同士だけでなく動物や自然など、あらゆるものから刺激を受けて脳を活性化させることで
脳の中には経験という引き出しが増えていくので、これが前頭前野を発達させていきます。
幸いにも、脳の他の部分と違って前頭前野は10 歳頃に発育を終了しません。
他の部分は8 際から10 歳程度で発育が終了するためそれ以降の発達余地は見込めませんが、
前頭前野は25 歳くらいまで発達を続けることが分かっています。
このことから、最近の学説には「人間の思春期は25 歳まで」というものまであります。
10 歳を過ぎてもまだまだ改善の見込みがあるので、思春期の度が過ぎていると感じる方がおられる場合は、
今からでも理性を発達させることは十分可能です。

09日 2018年 03月

あくびならぬ「生あくび」にご用心 脳

脳卒中のひとつとして恐れられている、脳梗塞。
脳内の血管が詰まることで起きる病気ですが、この脳梗塞には前兆となるサインがあります。
実際に脳梗塞を患ったことがある人の多くがこの前兆に心当たりがあると答えているので、
前兆を知っておくことも早期治療の決め手となります。
身体のしびれを前兆として感じた人も多いのですが、それと並んで知っておきたいのがあくびです。
眠い時に出る、あのあくびです。
脳梗塞の前兆には異常なまでの眠気やあくびがあるので、
睡眠不足の心当たりがないのにやたら眠気が強かったりあくびが出るようだと要注意となります。
しかし、あくびは日常的に出るものです。それがすべて脳梗塞の前兆というわけではないので、
要注意のあくびである「生あくび」について知っておいていただきたいと思います。
生あくびとは、本来のあくびとは別の理由で出るあくびのことです。
寝不足であったり、寝不足でなくても起きた直後にあくびが出たりもしますが、
これらは単に身体による眠気への反射的な反応なので問題はありません。
その他にも退屈さを感じた時にもあくびが出たりしますが、これも身体が眠気に反応しているだけなので問題なしです。
あくびをすることで背伸びをしたり口を大きく開けたりするので、
これが刺激となって脳が活性化され眠気から目を覚ましてくれます。
生あくびとは、これらの理由とは別のあくびです。寝不足があるわけではなく、
退屈しているというよりむしろ活発に活動している時に出るあくびは、生あくびの可能性があります。
実際に脳梗塞を経験した人の話によると、脳梗塞の前兆で感じる眠気は通常のものとは異質なもので、
寝て起きたから眠気が改善するということもないといいます。強い眠気と生あくび、
それに加えてろれつが回りにくくなってきたら、かなりの確率で脳梗塞の前兆です。
手足や舌がしびれるような感覚があったらさらに脳梗塞の前兆である疑いが濃厚なので、
一刻も早く医師の診察を受けることをおすすめします。
もっとも、生あくびの段階でその前兆を察知することができれば早期治療にもつながるので、
心当たりのないあくびが妙に多いと感じた場合も「もしかして?」と意識するようにしてください。

02日 2018年 03月

ご存知ですか?脳卒中のリスク要因「モーニングサージ」

高血圧が脳卒中のリスクを高めるというのは、ご存知の方も多いと思います。
血圧が上がるとそれだけ脳内の結果に対する負担が大きくなるため、
破裂したり出血したりする原因になりやすいからです。
血圧が高いという中で、さらに注意したい「モーニングサージ」についてお話ししたいと思います。
「モーニングサージ」という言葉が初めてという方もおられると思いますが、これは早朝高血圧のことです。
通常、朝起きた直後は血圧が低めになります。
低血圧の人が朝なかなか起きられないのは、ただでさえ血圧が低いのにさらに低くなるためです。
しかし、血圧が高めの人の中には朝起きた直後に血圧が急激に上がるようになる場合があります。
それが「モーニングサージ」です。
「モーニングサージ」の定義は、起きた直後の血圧の上が135 以上、そして下が85 以上とされています。
アメリカの基準から国際基準になったものですが、日本でもおおむねこれを基準として診断されています。
「モーニングサージ」の傾向が見られる人は、起床後1 時間ないし2 時間程度の時間帯の血圧が高く、
脳卒中の危険度が高くなります。この状態で力を入れるような作業をしたり、
暖かい場所から急に寒い場所に行くなどのストレスを身体に与えないことが重要です。
冬場は朝が寒いので、脳卒中のリスクが高くなります。当ブログでもそのことを指摘していますが、
今年は特に寒さが厳しく関西地方でも雪国のような朝を迎える日が少なくありません。
そんな日は当然ながら脳卒中のリスクもより高くなるので、
急激な温度変化から血管を守ってあげるように心がけてください。
もちろん「モーニングサージ」は突然現れるものではなく、
生活習慣の中から徐々にその傾向が強くなるというものです。
普段から血圧の高い人がそのまま早朝も血圧が高くなりがちというところから「モーニングサージ」になっていくので、
そうなる前に予防する手段はいくらでもあります。
食生活や運動習慣、ストレスの発散など、
できることから少しずつ改善して冬の朝にビクビクしなくても済むような体を手に入れたいものです。

Prev12345678Next

脳ドックのご予約はコチラ。予約の状況、時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
※中休みは無く診療しております。
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。※WEB予約は現在休止中 2018/11/26

料金 23,000円 (税込)から。