ブログ

03日 2019年 06月

「ラジエーションハウス」のストーリー進行に思うこと

放射線医として注目をしてきたテレビドラマ「ラジエーションハウス」は、

その後どんな感じでストーリー展開していくのかを注視しながら見させてもらっています。

第2話で印象的だったのは、「リ・フラウメニ症候群」が

ドラマの中で取り上げられたこと。

がん領域の最大トピックであるゲノム医療につながるものですが、

まだ一般ではあまり知られていない知識だと思います。

これをいち早く取り上げたことには、まるでアメリカの医療ドラマのように、

社会に最新の医療知識を広めるという役割を意識しているのかなと感じました。

これと同様に、第3話ではマンモグラフィーについて深く掘り下げた描写がありました。

マンモグラフィーについてはすでに広く知られている検査ですが、

その強みや弱点についても医療的観点からきちんと説明されていました。

1回あたり1時間のドラマでありながら、

段階を追った検査過程についてもしっかり説明されているところにも好感を覚えました。

マンモグラフィーのように名前だけは良く知られている検査については、

名前やちょっとした知識だけが独り歩きしてしまい、

本質的な部分の理解が進まないと感じることが多いので、

このようにメジャーなテレビドラマがそこを深く掘り下げることには意義があると思います。

検査という医療分野にスポットを当てているこの「ラジエーションハウス」は、

画像診断を担う技師の存在もクローズアップされています。

新人の医師がこうした熟練の画像診断技術を持つ技師に

助けられることが多いのは、今も昔も変わってはいません。

まさに縁の下の力持ちという存在であり、

この技師という存在が私たち医師と一緒に仕事をすることが医療機関の実力につながるわけですが、

この「ラジエーションハウス」を見た一般の方にも、

そのことに気づいてもらえるのではないでしょうか。

正確な検査や状況の把握は、適切な医療を提供するために欠かせないきわめて重要なプロセスです。

そのために当院では医師と技師が緊密に連携することによって、

高い画像診断技術を発揮しています。

「ラジエーションハウス」に描かれているような構図が機能しているからこそ、

当院の検査に信頼を寄せていただける方がおられるのだと思います。

もちろんこれかも検査技術の研鑽に努め、

検査結果と今後の展望についてを丁寧にご説明をすることで受診者様の

健康という利益を守るお手伝いをしていきちという思いを新たにしました。

脳ドックのご予約はコチラ。予約の状況、時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
※中休みは無く診療しております。
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。

料金 23,000円 (税込)から。 全コース内容はコチラ>>>
日本脳ドック学会推奨項目プラン 認知症検査付きの検査はコチラ>>>