ブログ

20日 2018年 10月

激しい寝言は危険信号?

寝ているときに寝言を言ったり、寝ぼけるなどといったことは誰でもあると思います。

寝言などは傍から聞いていて面白いこともありますが、

そうはいっていられない危険なものもあります。

バラエティー番組では、睡眠中の寝相の悪さや寝ぼけ、寝言がひどいなどといって、

その現場を定点カメラで撮影し、見た人達がそれを笑うといった内容を見かけます。

しかし、脳神経外科医の目線から見ると、

中には笑ってはいられないケースも見受けられます。

大きな声で怒鳴り散らしたり、まるで話しているかのように

長い文章をはっきりとしゃべる寝言や、殴る蹴るなどといった暴力、

起き上がって歩いたり走ったり等といった寝ぼけ方をしていたら、

それはレム睡眠行動障害という重大な睡眠障害である可能性があります。

この睡眠障害を患うと、夢で見ている内容と連動して体が動いてしまいます。

もし悪い夢を見ていて何かに襲われていたり追い払おうとしている場合、

家族やその他そばにいる人が殴る蹴るなどで怪我をさせられたり、

近くにある家具に手足や体をぶつけて本人が負傷してしまうことがあります。

睡眠障害であることを知らない場合、その人と別の部屋で寝たり

寝室の環境を整えればいいと思うかもしれませんが、この状態を放置していると、

認知症やパーキンソン病に発展してしまうリスクがあります。

アメリカのミネソタ大学の調査によると、

レム睡眠行動障害と診断された患者さんの4割弱が、

その症状が出てから約12~17年後にパーキンソン病になったという報告がなされています。

パーキンソン病とは、手足が震えたりバランスが取りにくくなるなどの運動障害のことです。

今の医学では、レム睡眠行動障害についてはっきりとした原因はわかっていませんし、

治療したからといってパーキンソン病や認知症を

完全に予防できるかは分からない部分も多いのが実情です。

しかし、何もしなければ病状は進行しますし、

本人やその家族が負傷する可能性を考えれば、

生活習慣の指導や投薬治療で症状を改善する方が望ましいと考えています。

何よりも、認知症の危険信号に気づくには周囲が気付いてあげられるかどうかが大事です。

寝言や寝ぼけている時の行動等は些細なことのように思えるかもしれませんが、

その些細なことにこそ重要なサインが隠れています。

こうした事実を踏まえて、周囲の方々は小さな変化であっても気づいてあげてほしいと思います。

そうすれば、初期の認知症なら治療で改善できる余地が生まれるのですから。

脳ドックのご予約はコチラ。予約の状況、時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
※中休みは無く診療しております。
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。

料金 23,000円 (税込)から。 全コース内容はコチラ>>>
日本脳ドック学会推奨項目プラン 認知症検査付きの検査はコチラ>>>