ブログ

09日 2018年 07月

カレーの食習慣が脳を健康にする?

カレーといえば、もともとはインドの食文化でありながら

日本にすっかり定着した国民食のひとつです。

当のインド人が日本に来てカレーを食べると全く別物であることに驚くとともに、

これが本家を上回るほど美味しいと感じる人もいるようで、

このあたりにも日本の食文化の奥深さを感じます。

このカレーにはたくさんのスパイスが使われていますが、

このスパイスのそれぞれに高い健康効果があり、

それが脳の活性化にも役立っているということをご存知でしょうか。

それと直接関係がありそうなのが、日本とアメリカで活躍を続ける野球選手のイチローです。

彼には毎朝必ずカレーライスを食べる習慣があるそうで、

それは日本にいる時もアメリカに渡ってからも変わっていないそうです。

おそらく最初は本当に大のカレー好きで、毎朝でも食べられたということなのだと思いますが、

その習慣が功を奏してか野球人生が大成功を収めることによって

逆に習慣として続けるようになった・・・という感じなのではないかと思います。

実はこのカレーに使われている数々のスパイスには、それぞれ高い健康効果があります。

例えば主成分であるターメリックには認知症予防や肝機能向上の効果があることが分かっていますし、

カレー特有の香りのもととなっているクミンには消化機能向上の効果があります。

その他にもコリアンダーにも消化機能向上、ガーリックには動脈硬化予防などなど、

それはもう「食べる漢方薬」といっても良いほどの健康成分オンパレードです。

これだけ高い健康効果のあるものを毎朝食べているということは、

やはりイチロー選手のパフォーマンスに何らかの影響を与えていることは間違いないでしょう。

特に脳神経外科医として注目したいのが、

ターメリックに含まれているクルクミンという成分の認知症予防効果です。

アルツハイマー病の予防に役立つ成分と言われているので、

定期的に意識して摂取することを心がけてみてはいかがでしょうか。

カレーが嫌いという人はあまりいないと思いますので、無理なく続けられる食習慣だと思います。

脳ドックのご予約はコチラ。予約の状況、時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
※中休みは無く診療しております。
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。※WEB予約は現在休止中 2018/11/26

料金 23,000円 (税込)から。