ブログ

19日 2018年 06月

脳内麻薬の中毒になると、どうなる?

人は空腹になると、お腹が空いたと感じるようにできています。

その空腹感に応えて食べ物を食べると満足感が得られますが、

この満足感は脳内で分泌されているドーパミンという物質によるものです。

食べ物がおいしい、食べ物を食べられて嬉しいといったポジティブな感情はすべて、

ドーパミンがもたらしているものだと考えて良いでしょう。

この仕組みがあるからこそ、

人はきちんと食べ物を食べてエネルギーを補給できています。

しかし、脳内麻薬と呼ばれるほど快感をもたらすこのドーパミン、

この快感が欲しいがために人はさまざまな影響を受けています。

食べ物を食べて美味しかったら快感になれるのであれば、

もっと食べて快感になりたいというサイクルに入ってしまい、

食べ物依存症になるケースがあります。

食べ物依存になると体に負担がかかるため、

その行きつく先は糖尿病などの生活習慣病です。

コーヒーやお茶に含まれているカフェインやお酒のアルコール、

タバコのニコチンなどにも依存性がありますが、

これらの物質を体内に取り込むことによって

ドーパミンが分泌されて快感になれることが原因です。

もっとひどい例としては、麻薬も仕組みは同じです。

脳内麻薬の中毒になりやすい物質として身近なものには、糖分や塩分、油分、

そして人工的なうまみ成分である化学調味料などが挙げられます。

特に最後の化学調味料は人間の味覚を研究した上で

作り出されたうまみ成分なので脳が美味しいと感じやすく、強い依存性があります。

家で作った料理よりも外食やインスタント食品などが

美味しいと感じる方は多いと思いますが、

そこには化学調味料が深く関わっている可能性大です。

化学調味料によって美味しいと感じることで、

ドーパミンが出るというメカニズムに対して依存してしまっているわけです。

食品メーカーや外食チェーンなどは、自社の製品が売れること、

自社の店舗にお客さんが来ることが戦略の第一目的です。

それを達成するには脳内麻薬の中毒になってもらい、

「これがないと始まらない」というくらいに自社の製品を好きになってもらいたいわけです。

そこで使われるのが化学調味料、というわけです。

食べ物を美味しいと感じることは幸せの根幹に関わることですが、

その美味しいという感覚が本物なのか、

人為的なものなのかを意識することは健康に関わる大きな分かれ道と言えるでしょう。

脳ドックのご予約はコチラ。予約の状況、時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
※中休みは無く診療しております。
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。※WEB予約は現在休止中 2018/11/26

料金 23,000円 (税込)から。