ブログ

22日 2017年 03月

認知症とうつ病の関係について

老年期になるとうつ病を発症される方が多くいます。
それは、老化などによる身体能力の低下はもちろん
定年退職による社会的役割の喪失、配偶者が亡くなって孤独を感じたり
子供が独立し張り合いがなくなったり、などさまざまな喪失体験が
きっかけになりやすいと言われています。
その一方で認知症は、症状によって変わりますが
加齢による発症や生活習慣などと言われています。
うつ病と診断され抗うつ剤の処方でよくならなかった場合などは、
認知症の可能性があります。
反対のケースでは、認知症の診断され進行抑制のための薬を
処方され物忘れが改善したとういこともあります。
認知症とうつ病の症状は似ているため間違えて
診断されていることもしばしばあります。
もしうつ病かな?と感じ医療機関で診察を受けた場合でも
同時に認知症の診断も受けることもおすすめします。
認知症とうつ病とは基本的に個別の病態ですが、
最近では、認知症とうつ病とが合併することが広く認められてきています。
うつ状態が認知症の進行を早め、認知症がさらにうつ病を
悪くさせたり悪循環になることもありますので
いずれにせよもともとの原因を早急に発見し、対処することが大切です。

脳ドックのご予約はコチラ。予約の状況、時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
※中休みは無く診療しております。
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。

料金 23,000円 (税込)から。 全コース内容はコチラ>>>
日本脳ドック学会推奨項目プラン 認知症検査付きの検査はコチラ>>>