脳卒中・脳梗塞

脳卒中や脳梗塞は何の前触れもなく、突然発症するケースが多いのが特徴です。しかし、なんらかの前兆が見られた段階ですぐに治療を行うことができれば、治療後の経過が大きく変わります。脳卒中や脳梗塞の予兆を知るとともに、脳ドックを受診して早期発見に努めることがご自身の命とこれからの生活を守ります。また、高血圧、高脂血症、糖尿病など生活習慣病との関わりが深く、生活習慣の改善とバランスのよい食生活が予防につながります。

脳梗塞

知っておきたい、脳卒中・脳梗塞と考えられる予兆

  • すぐに言葉が出てこない
  • 会話がもつれてろれつが回らない
  • 原因がわからないいつもと違う頭痛がある
  • 手足のしびれや脱力感がある
  • 体の片側の手足の感覚がなくなる
  • ものが見えにくく二重に見える
  • めまいや耳鳴りがする
  • 無意識に手にもったものを落としてしまう
  • もの忘れがひどくなる

など、こうした症状にお気づきの方は今すぐ当院にお越しください。

脳梗塞の症例

脳梗塞は脳の血管が詰まる病気です。血管が詰まってしまうことによってその先の脳細胞に血液が行き届かなくなり、酸素や栄養分を送ることができなくなって、脳組織に障害が生じます。脳梗塞の中にも、いくつかの種類があります。

血管のつまり
ラクナ梗塞

脳の血管は、太い血管から細い動脈へと枝分かれしています。その細い動脈である「穿通枝」に直径 1.5cm 未満の小さな梗塞が起きた状態です。主に高血圧が原因となることが多く、従来から日本人に多いタイプです。症状は軽いことが多く、病巣が小さい場合は、自覚症状が全くないこともあります。これを「無症候性ラクナ梗塞」と呼びます。

アテローム血栓性脳梗塞

比較的太い脳の血管が詰まって梗塞が起こるもので、主に動脈硬化が原因となることが多く、食生活の変化とともに患者数が増えてきています。特に、糖尿病や脂質異常症、肥満などと併発することが多いため、これらの疾患を持っている人は注意が必要です。

心原性脳塞栓症

心臓の中でできた血液の血栓が脳に流れて、脳の太い血管を詰まらせてしまうものです。原因の多くが不整脈のひとつである心房細動です。心臓でできた血栓は大きくて溶けにくいため、脳梗塞の中では重症になりやすい病気です。心房細動は高齢者に多く、日本では増加傾向にあります。

脳ドック のご予約はコチラ。 予約 の状況、 時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
※中休みは無く診療しております。
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。

料金 23,000円 (税込)から。 コース内容は コチラ>>>