打撲・外傷

脳は頭蓋骨に守られているため、少し打撲した程度では「たんこぶ」ができるだけで自然に治るのが大半です。しかし、何と頭を打ち付けたのか、その程度の力が掛かってしまったのかという打撲の内容によっては脳の内部にダメージが残ってしまう可能性があります。これを放置していると重大な症状につながる恐れがあるので、歩く時のバランス感に違和感があるという場合をはじめ、何かお気づきのことがある場合は早期の受診をおすすめします。

打撲

「頭を打っただけ」を軽く考えないで

日常生活をしていると、何かの拍子に頭をぶつけてしまうことは珍しくありません。よくあることだからと言って、強くぶつけた、ぶつけた相手がコンクリートや金属など硬いものだったという場合は注意が必要です。脳内にできた血腫を放置していると病気に発展する可能性もあるので、検査によって原因を特定し、手術や薬によって治療を行います。

打撲

打撲したことを覚えていない可能性も考えて下さい

寝ぼけていた、酔っ払っていた、さらには高齢の方で転倒した時の記憶がないなど、頭を打撲した自覚がないという方もおられます。この場合は特に注意が必要で、気づかないうちに症状が悪化する可能性もあります。何か頭に痛みがある、触ると特に痛い部分があるという場合などは無意識のうちに打撲をしているかも知れませんので、一度当院にお越しください。

脳ドック のご予約はコチラ。 予約 の状況、 時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。

料金 23,000円 (税込)から。 コース内容は コチラ>>>