物忘れ・認知症

認知症は、「アルツハイマー型認知症」と「脳血管性認知症」に分けられます。アルツハイマー型認知症は脳が次第に萎縮して機能も衰えていきますが、その原因やメカニズムはまだ不明で、特効薬と呼べる治療法がないのが現状です。脳血管性認知症は脳梗塞や脳出血によって発症します。生活習慣病と関わりがあり、こちらは予防するノウハウが年々進歩しています。もともとは脳血管性認知症を患う方が多かったのですが、最近は80代の方々の3人に1人はアルツハイマー型認知症であるといわれています。

認知症・忘れ物

認知症の予防

認知症になりやすいタイプの脳なのかについては、ある程度の予測をすることは可能です。しかし、認知症は未然に防ぐことが難しい病気であるのが現状です。ただし、海馬を活性化させて脳の働きを活発にすることで症状をコントロールし、これを予防に役立てることができます。認知症のテストや高画質のMRIを使うことで海馬を数値化して提示することができるため、当院ではこうした検査技術を活用した認知症の予防に取り組んでいます。

認知症の症状

日常生活の中で普段と違う行動や感情の表現が露骨になり、もの忘れが多くなったり、今まで自分でできていたことができなくなったりして、ご家族が心配して来院されるケースが多くあります。うつに似た症状も見られ、診察を受けなければわからないケースもあります。認知症は必ずしも治らない病気ではなく、症状によっては治る可能性もあり、予防の手段も残されています。まずは早期に何らかの対処をすることから始めるためにも、専門医が在籍する当院での検査・診察をお受けください。

認知症の症状

脳ドック のご予約はコチラ。 予約 の状況、 時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。

料金 23,000円 (税込)から。 コース内容は コチラ>>>