医師・スタッフ紹介

院長紹介

院長 北村 純司
脳神経外科専門医

神戸大学脳神経外科助手・非常勤講師 大阪医科大学助手・講師を経て開設した西宮協立脳神経外科病院では院長・理事長を歴任、多数の手術症例を経験している。多くの手術経験から、再発する前に病気を未然に防ぐことを目的としたクリニックを目指す。個人病院というメリットを生かしたMRI画像診断クリニックとして北村クリニックを開院。脳ドックは1990年から開始している。
・兵庫県脳神経外科神経内科医会会長 (2007~)
・社会保険審査委員

北村院長
1965年 京都薬科大学卒業
1970年 大阪医科大学卒業
1988年 西宮協立脳神経外科病院開設。院長、理事長を歴任。
1995年 神戸市中央区に北村クリニックを開設。

この度は北村クリニックのホームページのお越しいただき、ありがとうございます。院長の北村よりご挨拶申し上げます。 当クリニックは開設して20年以上の年月が経過する、阪神地区で最初にMRI装置を導入した個人クリニックです。この地域での脳ドックは当院から始まったとも言えると自負できるほど、多くの実績を積み重ねてまいりました。脳外科医として神戸大学、大阪医科大学、北野病院、西宮協立脳神経外科病院等に在職中、約30年間で1000例を超える破裂脳動脈瘤の手術を行ってきました。クリニックでは脳疾患を未然に予防することを目的にしていますが、現在では脳血管障害再発を防ぐことにも力を入れております。そのために脳神経外科神経内科医会や近隣の先生方と協力して新しい治療にも取り組み、動脈硬化性病変の改善に実績を積んできています。最近では解離性椎骨動脈瘤の正常化についても発表できるようになっています。健康で長く生きることは、皆様にとっての大きな利益であり、人生設計を立てていく上で欠かせない大前提です。皆様のこれからの人生設計に、北村クリニックの医療が少しでもお力になれれば幸いです。

運転従事者脳MRI健診支援機構医療機関

運転従事者脳MRI健診支援機構

一般社団法人運転従事者脳MRI健診支援機構は、MRI(磁気共鳴画像法)による脳のスクリーニング検査を運輸・交通等に従事する皆様にご提供することによって、運転中のくも膜下出血による突然死とそれによって引き起こされる交通事故を未然に防ぐことを目的としています。自動車運送に関わる企業・団体が事故によって背負う社会的責任と経済的リスクを鑑み、健康起因による交通事故の発生を減らすことで、安心できる環境づくりを通じた社会貢献を目指します。

副院長紹介

副院長 北村 恵理
放射線科専門医

神戸大学医学部付属病院、兵庫県立こども病院、財団法人天理よろづ相談所病院で放射線診断に従事する。大学院在籍中は京都大学放射線診断科中枢神経グループにも属し、臨床/研究に従事する。MRI診断の他、乳腺外来も行っている。
・日本医学放射線学会放射線診断専門医
・マンモグラフィ読影認定医(AS判定:講師資格)
・医学博士

北村副院長
2001年 大阪医科大学卒業
2008年 神戸大学大学院放射線医学講座修了

脳ドックや脳に関する診療での知名度があることもあって、当院へお越しになる患者さんの多くは頭に関する何らかの症状をお持ちです。頭痛が続いている、頭を打ってしまった、めまいがある、といった具合です。ご自身でホームページなどで検索された上に来られることもありますが、他の医療機関で受診を勧められて来られる患者さんもおられます。いずれにしても頭に関する症状というのは簡単に原因を特定することはできず、しっかりと時間を使って丁寧に症状をお伺いして、その上で的確な検査を行って初めて原因が特定されることも少なくありません。このため、とても丁寧な医療が求められる分野であると感じています。しかも脳に関する疾患は重大な結果を招くこともあるので、丁寧さの上に正確さが求められます。そのために当院では必要な検査機器と検査技術を整備した上で、患者さんお一人お一人がお持ちの症状や問題を丁寧に診察いたします。一口に頭痛といってもその痛み方や原因は実にさまざまで、そこから効果的な治療を行うには丁寧さが欠かせないと考えています。いかに話を聞いてくれるか、そしていかに丁寧に説明してくれるかというのは多くの方々が医師に対して求められるポイントですが、このことはとりわけ脳に関する医療には当てはまるのではないかと思います。「異常なし」という検査結果についても、何を調べて大丈夫だったのか、今後も大丈夫なのかといったように「異常なし」の中身が重要な時代なのです。皆様に納得していただける医療、これからも人生にも安心を感じていただくための医療に日々取り組んでいますので、今後とも北村クリニックをよろしくお願いいたします。

技師長紹介

技師長 池之上 宙

2012年より、主にMRI担当として勤務しております。脊椎や関節の撮影など整形領域や、肝・胆・膵など腹部領域の撮影など、これまで様々な診療科の先生方と仕事の機会をいただき、経験させていただきました。今後は当院の専門領域である頭部の撮影をはじめ、現在紹介の多い眼科・耳鼻科領域でも、当院のMRIが診断の助力となればと思っております。

池之上技師長
2002年 名古屋大学医学部保健学科放射線科学技術専攻修了
2009年 名古屋大学大学院前期博士課程修了
2014年 日本磁気共鳴専門技術者認定

検査技師に期待されている最大の使命は、いかに期待されている画(え)を撮影できるかです。近年では検査機器の進化によってどんどん撮影精度が向上していますが、どんなに良い設備を持っていてもそれを使いこなして的確な部分をいかに分かりやすく、期待通りもしくは期待以上の結果でお返しできなければ意味がありません。その意味では、私たち技師に課せられた部分、期待されている部分はとても大きいと日々感じています。医療機関からの検査依頼は紹介状という形で入ることが多いのですが、そこにある意図を正確に汲み取って治療に役立つ検査を実施することは依頼をいただいた医療機関だけでなく、その患者さんにとっての利益でもあるので、常にこうした方々の利益を考えて検査技術の研鑽にも努めています。閉所恐怖症の方や、ご経験のない方の中にはMRI検査に不安や恐怖心をお持ちの方がおられます。確かに狭い検査機器に入ることや大きな音がすることにストレスを感じる方がいるのは不思議ではないので、そうした時にいかに安心していただくかも技師にとっては腕の見せ所だと思います。受診者お一人お一人のご事情や性格などを考慮した上でストレスを軽減した検査を行っておりますので、検査で不安を感じた場合は遠慮なくお伝えください。「こんなこと言ってはいけない」と遠慮なさるのが今後の検査や治療にマイナスになってしまうこともありますので、何でもお伝えいただきたいと思います。その結果、「こんな簡単ならもっと早く検査を受けておけば良かった」と言っていただけることも多く、これからも安心・快適な検査環境づくりに取り組んでいきたいと考えています。

脳ドック のご予約はコチラ。 予約 の状況、 時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
※中休みは無く診療しております。
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。

料金 23,000円 (税込)から。 コース内容は コチラ>>>