ブログ

10日 2018年 05月

多くの人を悩ませる片頭痛、単に痛いというだけで終わらせるとリスクも

歌手の研ナオコさんが、長年にわたって片頭痛に悩まされていることを告白、

そのための本格的な療養をしたことが話題となりました。

その時に「橋本病」という一般的にあまり聞きなれない病名が

飛び出したことは、私の興味を引きました。

橋本病とは甲状腺の働きが悪くなる病気で、強い倦怠感や体の冷えなどを伴うため、

研ナオコさんはこのせいで相当つらいこともあったと推察します。

今回の研ナオコさんの件で思ったことがあります。

それは、やはり片頭痛の裏には何か病気が潜んでいる、ということ。

片頭痛といっても、実に色々な種類があります。

ズキズキと痛むものや、ガンガンと痛むもの、これだけでも痛みの種類が違いますし、

ハンマーで殴られたような激痛を伴うものもあります。

どれをとっても頭痛そのものがとても苦痛なので気にならないはずはないのですが、

どうしても片頭痛の方は「自分は片頭痛持ちだから」として痛いこと自体は気になるものの、

その原因まではあまり気にしない傾向があります。

先ほどの橋本病は慢性疾患なので直接死に至るような事態になることはないでしょうが、

脳神経外科医として最も気になるのは、やはりくも膜下出血です。

くも膜下出血の主な症状は、強い頭痛です。

しかも今まで経験したこともないような、

「もしかして死ぬのでは?」と恐怖を感じるほどの強い頭痛が襲ってきます。

中にはその痛みが強すぎて失神してしまう人もいるほどです。

こう書くと、強い頭痛の時だけが怖いというイメージにつながってしまうのですが、

くも膜下出血の頭痛は必ずしもそうではないところが厄介です。

特に片頭痛持ちだという自覚がある人は、「また頭痛が来た」と思ってしまうので、

その頭痛がいつもの頭痛なのか、今回だけは違うものなのかが判断しづらいのです。

くも膜下出血と診断された方の多くは、「まさか、自分が」という感想を口にされます。

頻繁にやってくる頭痛が、まさか他の病気だとはなかなか思いにくいものです。

片頭痛を持っている方は、頻繁にやって来る頭痛に悩まされていることと思います。

しかし、その中に特別な頭痛が混じっていると大変なので、

「またか」と思うだけでなく、

「今回もいつもと同じか?」と自分で一度確認してみる機会を設けてみてください。

02日 2018年 05月

脳卒中のリハビリを少しでも前に進めてくれそうな薬の開発に期待

脳卒中の恐ろしいところは命に関わることともうひとつ、

仮に命が助かったとしてもその後の後遺症に悩まされることが多いという点です。

2004年に脳梗塞を発症してからすでに14年が経っているのに、

いまだ右半身に障害が残ってしまっているミスタージャイアンツ・長嶋茂雄さんの

状態を見てもリハビリが決して簡単なものではないことが伝わってきます。

長嶋さんはプロ野球選手をやっていただけあって身体も頑丈で、

スター性を持つほど豪快な精神力の持ち主です。

それでもリハビリが思うように進まないのですから、

リハビリの大変さと難しさを象徴しているようにも見えます。

これまで脳卒中を発症した後の機能回復というとトレーニングによる

リハビリが唯一に近い治療法でした。

しかし動かなくなったところを動かそうとする努力は相当なもので、

その辛さゆえにやめてしまう人も少なくありません。

そんな中で開発のニュースが飛び込んできたのが、リハビリの効果を促進させる薬です。

すでにマウスやサルの実験では効果が見られるといい、

人間での臨床試験が始まる段階になっています。

リハビリという物理的な治療にはどうしても限界がありますが、

それを内科的なアプローチで手助けするというのは、

とても意義があることだと思います。

脳神経外科医として脳卒中を発症した方のその後の大変さを

よく知っている者としては、さらなる開発の進展に期待します。

ちなみに、このリハビリ効果を高める可能性があると言われている薬は、

エドネルピク・マレアートという化合物の働きを利用します。

このエドネルピク・マレアートという物質はアルツハイマー型認知症の治療薬としても開発が進められており、

脳のさまざまな疾患を解決してくれる薬としてなおさら期待がかかりますね。

18日 2018年 04月

「木の芽時」を乗り切るストレス管理

寒いことを好む人はあまりいませんので、やはり冬が終わって春が訪れると気分も高揚して楽しくなってくる・・・
と思いがちですが、実は春の訪れは一年を通じて最も精神的に不安定になりやすい時期でもあります。
昔の人はそのことを「木の芽時」という言葉で表現していました。
今でも使われているこの言葉は、
春が来て木の芽がふきはじめてくる時期には人間は体調を崩しやすいことを意味しています。
いわゆる変質者や明らかに精神的に何らかの異常をきたしている人が
事件を起こすと「木の芽時なので」と、妙に納得する人もいます。
なぜ、木の芽時になると人間は心身が不安定になるのでしょうか。
その最大の理由は、気温や環境の変化です。
三寒四温と言われるように、春は一旦冬に逆戻りしたかのような気候になる日もあります。
今年の春も、3 月になってから関東地方に大雪が降ったりと天候によって騒ぎがよく起きたのは記憶に新しいところです。
こうした気候の激変に人間の自律神経が適応できず、その結果として鬱のような状態になってしまうのです。
人間の脳は素晴らしい機能を持っていますが、それにも限界があるということですね。
しかも、これは日本特有の事情もあるのですが、春は人事異動や進学、
就職など社会的な環境が変化しやすい時期です。
9 月に新入学を迎える欧米諸国にはないことかも知れませんが、
日本ではそれゆえに「五月病」という言葉もあります。
ただでさえ木の芽時を迎えて心身が不安定になっている時に
環境が大きく変わってそれに適応しなければならないとなると、やはり脳の限界を感じるのでしょう。
この木の芽時を乗り切るには、昔から色々な方法が考案されてきました。
最も良いのは旬の食べ物を楽しむことです。
木の芽時というだけあってタラの芽やフキノトウ、にんにくの芽など、
芽を食べると栄養価も高く季節を感じることができるので精神的な落ち着きを得る効果もあります。
せっかく季節が良くなってきたということでウォーキングなど軽い運動をするのも効果的です。
日本人は昔から桜が大好きなので、桜の開花を屋外で楽しむというのも木の芽時を乗り切る有効なストレス管理法です。

10日 2018年 04月

神戸で利用しやすい認知症カフェのご紹介

認知症は今や社会全体の問題として提起されており、
介護に関わるご家族だけで抱え込むことなく社会全体で向き合っていこうという流れにあります。
その一環として各地で開催されているのが、認知症カフェです。
もちろん神戸にも、利用しやすい認知症カフェがたくさんあります。
行政からも積極的な情報が提供されています。
兵庫県の関連ページでは、
認知症カフェの定義と特徴を掲載した上で兵庫県内の活動状況が実名入りで公開されています。
・認知症カフェについて(兵庫県)
ここには神戸市内の情報も豊富に掲載されているので、お探しの方は参考になると思います。
次に、福祉団体による認知症カフェの活動状況もご紹介しましょう。
神戸市社会福祉協議会では「こうべオレンジカフェ」という活動が行われており、
このオレンジカフェというのが認知症カフェに該当します。
介護施設や老人ホームなどでの開催が目立ちますが、
独立したカフェとして運営されているところもあって多種多様です。
その一覧は、こちらでご覧になれます。
・こうべオレンジカフェ一覧(全市版)
参加費はいずれも100 円から数百円程度なので、気軽に参加できるところばかりです。
一度も認知症カフェを利用したことがない方にとっては敷居が高く感じられる部分があるかも知れませんが、
実際に行ってみると「行って良かった」という感想を持つ方がほとんどなので、
あまり難しく考えず「ちょっと行ってみよう」という感じで行ってみると良いのではないでしょうか。
活動の内容も、それぞれのカフェによって実に多彩です。
基本的には介護に取り組んでいるご家族を含めて認知症に関わる方が
安心していることができる居場所を作るというのが主旨ですが、そのために文化教室を催したり、
折り紙や脳トレゲームなどで脳を活性化させるといった活動を行っているところもあります。
どのカフェも専門家がプロデュースしているので、行ってみると何かプラスになることがあるはずです。

02日 2018年 04月

タバコが脳に悪いと言われる理由を医師の立場で語ります

ここ最近、タバコに対する風当たりが実に厳しくなっています。
公衆の場所は禁煙が当たり前ですし、新幹線でも喫煙できる車両がどんどん少なくなっています。
愛煙家に言わせると「そこまでしなくても」という迫害意識も当然あるかと思いますが、
やはりタバコは百害あって一利なしというのが医師としての見解です。
脳の医療に関わる身として、なぜタバコが良くないと言われるのか少し解説したいと思います。
ご存知のように、タバコにはニコチンという嗜好物質が含まれています。
ニコチン中毒という言葉があるほど依存性が高い物質で、
愛煙家のほとんどはこのニコチンによる快感を楽しんでいます。
しかしニコチンには血管の収縮や、そこから派生する心拍数や血圧の上昇をもたらします。
愛煙家のほとんどは1 日に20 本以上のタバコを吸うと思いますが、
1 日に20 回以上この状況が起きるのは、脳にとって極めて不健康です。
その結果として脳卒中のリスクが数倍に跳ね上がることになります。
それともうひとつ、タバコによる弊害で見逃せないのが一酸化炭素です。
タバコの先端には火がついていますが、炎のようにメラメラと燃え上がることはありません。
「いこっている」状態なので、メラメラを燃えている時よりも不完全燃焼で発生する一酸化炭素が多く生じます。
ストーブなど暖房時に換気をしなかったことで一酸化炭素中毒になってしまい、
人が亡くなる事故が起きることがありますが、タバコの先端ではそれに近いことが毎回起きているのです。
それを吸い込むと酸素の運搬が阻害されるので、結果として酸欠になります。
酸欠になると動脈硬化や脳の機能低下が起き、やはり脳卒中の発生リスクを数倍高くします。
愛煙家の方々にとっては、「そんなこと承知の上で吸っている」と思われることだと思いますが、
脳卒中を引き起こしてしまうとご自身だけの問題では済まなくなります。
予後が悪ければ後遺症が残って、介護を必要とすることになるかも知れません。
そうなると仕事を続けられなくなるばかりかご家族にも影響を及ぼすことになるので、
そこまでのリスクを考慮された上で喫煙の是非をお考えいただければと思います。

Prev12345678910Next

脳ドック のご予約はコチラ。 予約 の状況、 時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
※中休みは無く診療しております。
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。

料金 23,000円 (税込)から。 全コース内容は コチラ>>>
日本脳ドック学会推奨項目プラン 認知症検査付きの検査は コチラ>>>