ブログ

10日 2016年 11月

耳鳴りはどうして起こる? 耳鳴りの原因と病気との関係とは

耳鳴りの原因は様々あります。

ストレスが原因の場合や加齢が原因の場合もあります。

原因不明のときもあります。

しかし一番注意しなければならないのは、病気が原因のときです。

重い病気が耳鳴りを引き起こしている場合もあります。

通常、命に関わるような症状はありませんが、

そのような重い病気にかかっている可能性があることも忘れてはいけません。

耳なりがおこる代表的な病気としては
・加齢による難聴  ・メニエール病   ・耳硬化症   ・聴神経腫瘍  
・突発性難聴    ・交通事故     ・薬物性耳鳴  ・血管性耳鳴
・額関節症     ・筋肉のけいれん  ・遺伝性    ・飛行機や登山時

突然命に関わらなくても、徐々に症状が進行し、

その結果死につながったり後遺症が残ることが多いのが脳梗塞の特徴です。

血管に影響を与える病気にも様々ありますが、

この際にも耳鳴りが前兆となる可能性があります。

耳鳴りだからといってすぐに大きな病気を疑っていくわけではありません。

ですが、大きな病気でなくとも病気の影響により

耳鳴りが一時的に発症してしまうことがあります。

耳鳴りというのは、なぜ起こるのかという原因の特定が非常に難しいのですが、

あまりにも耳鳴りがひどいときには、

診察を受けることで解決の糸口を見つることができるかもしれません。

※聴力障害・耳鳴りのページはコチラ

01日 2016年 11月

物忘れは老化現象ではなく、疾患が隠れている可能性がある?

人の名前が出てこなかったり、さっきまでしようと思っていたことを忘れたり、

ものをどこに置いたか忘れたり……

日常の中でも物忘れを感じることはあると思います。

厚生労働省は、団塊の世代が75 歳以上になる平成37 年に、

認知症の人が約730 万人に達するとの推計を明らかにしましたが、

これは65 歳以上の高齢者の5 人に1 人に当たります。

歳をとると誰しも、多かれ少なかれ物忘れをしますが、それが認知症なのでしょうか?

加齢による物忘れは体験した内容の一部を忘れるだけで、

体験したことは覚えていますが、

認知症の場合は体験したこと自体が欠落してしまいます。

例えば、夕食を食べたことは覚えているけれど、

献立を思い出せないのが加齢による物忘れ。

認知症では食べたことを忘れているのです。

MRI 検査では、加齢に伴うあまり心配ないもの忘れなのか、

治療を必要とする認知症やその前段階、または別の疾患なのかどうかを、

問診や脳のMRI、脳の血流をみる検査などをおこなって総合的に判断します。

認知症の方が血縁におられて認知症のリスクが高い方や、

高血圧など脳梗塞や脳出血などのリスクがある方が、

このMRI 検査での早期発見を進められます。

また、うつ病やビタミンの欠乏症、甲状腺ホルモンの

問題などによっても認知症のような症状や、物忘れがひどくなったり、

小さな脳梗塞など脳の血流の障害などが原因になることもあります。

※物忘れ・認知症のページはコチラ

19日 2016年 05月

40歳を過ぎたら、脳ドックを受けましょう

脳疾患の多くは、命を落としてしまったり障害が残ってしまうケースが多いのが特徴で、血管の老化が原因です。
生活習慣病などにより血管年齢が衰えば、その分脳疾患のリスクが高まるのです。

脳疾患の中には、めまいや頭痛、手足のしびれの前兆がある場合があります。
脳梗塞や脳卒中、くも膜下出血などは早期発見が予防につながるのです。

また、認知症を未然に防ぐことは大変難しいのですが、認知症になりやすいタイプの脳なのか、ある程度予測ができます。
脳の活性化することで、症状をコントロールすることが可能なのです。

生活習慣病のリスクが高まる40歳を過ぎたら、脳血管の異常や悪性腫瘍の早期発見のため脳ドックが必要です。
神戸市三宮地域で、脳ドックをお探しであれば、当院へお越し下さい。

10日 2016年 05月

MRI装置を使った脳ドックなら当院にお任せ下さい

県内で最初にMRI装置を導入し、脳の健康診断をしているクリニックです。

脳疾患は、自覚症状がないことが多いものです。
ある日、突然の恐怖の事態を避けるために、40歳を過ぎたら脳ドック検査を受けることをお勧めします。
脳神経外科と放射線科の専門家が、MRI装置を使い、立体画像により、脳の血管状態を検査し、脳の病気の予防を行います。
2人の専門医が念入りに画像をチェックしていますのでご安心してください。

頭痛、偏頭痛、めまい、手足のしびれ、脳梗塞、脳卒中、動脈瘤、認知症についての症状でお悩みごとがあれば、何なりとご相談ください。
無料駐車場を完備し、神戸市(三宮)で開業しています。
予約制です。
待ち時間もありません。
早期発見で、脳の病気を未然に防ぎましょう。

28日 2016年 04月

脳ドックで早期発見、早期治療を

皆さまは今までに脳ドックを受けたことはありますか。
脳の疾患は自覚症状があまりありません。
自分で気づかないうちに病気が悪化することがあります。
当院では何もなくても40歳を過ぎたら、一度脳ドックを受けることをお勧めしております。

脳の疾患も、早期に治療を行えば早いうちに社会復帰をすることも可能です。
様々な生活習慣により、脳の血管が傷みやすくなっている場合があります。
これは、普通の人間ドックでは見つけることができません。
MRIで頭部の断層写真、MRAで脳血管の立体画像を撮影しますので、いち早く脳の疾患を発見できます。

神戸市(三宮)近辺で脳ドックをお探しの方は当院へご相談ください。
完全予約制で、待ち時間もありません。
詳しくはお問い合わせください。

Prev12345678910Next

脳ドック のご予約はコチラ。 予約 の状況、 時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
※中休みは無く診療しております。
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。

料金 23,000円 (税込)から。 コース内容は コチラ>>>