ブログ

01日 2018年 08月

これだけ暑いと頭がボーっとする・・・というメカニズム

日本全国で、記録的な猛暑が続いています。

もちろん神戸も猛暑続きで、熱中症で倒れる人も少なくありません。

いつから日本はこんなに暑い国になったのかと思いますが、

これが冬になると一転、

とても寒くなるのですからそれで体調を崩してしまう人が

出てきても全く不思議ではありません。

ところで、暑いことと脳の働きには深い関係があります。

暑いと頭がボーっとすると言いますが、実際にそれを

経験したことがあるという方は少なくないと思います。

南国の人があまり勤勉ではないのは、暑すぎて頭がボーっとするせいだという、

もっともらしい話もあるくらいです。

これを脳の働きという視点で見てみると、

確かに暑いと頭がボーっとして思考が鈍ったりしてしまうことはあります。

これには人間の身体の働きが関わっているので、

脳に何が起きているのかを解説しましょう。

気温が高くなると、その影響で体温も上昇します。

しかし自然のままに体温が上がり続けるとさまざまな悪影響が生じるため、

人間の身体は体温を下げて一定に保とうとします。

その働きのために体力を消耗し、

本来であれば脳にいくはずだった血液循環が悪くなってしまい、

血行が鈍くなることによって脳の働きが鈍くなってしまいます。

これが、まず考えられる一つ目のメカニズムです。

もう一つ、先ほどのように体温上昇を抑えるために体力を消耗することを踏まえて、

それを最低限に抑えようという条件反射が起きます。

体温上昇を抑えるための働きを阻害しないように、

できるだけ体力の消耗を避けようという防衛本能が働きます。

その結果、脳の働きも消耗を避けようとするため鈍くなります。

これらがすべてではありませんが、人間の身体には暑いという

外的なダメージから脳や体を守る働きがあります。

暑くて頭がボーっとするのは、こうした防衛本能が正常に

機能していることの表れであると考えられます。

しかし、こうした機能にも限界があります。

あまりにも暑いところに長時間いると体力の消耗によって防衛本能も鈍くなってしまい、

ついには熱中症になってしまうのです。

皆さん、くれぐれも暑さ対策はしっかりとおこなってください。

脳ドック のご予約はコチラ。 予約 の状況、 時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
※中休みは無く診療しております。
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。

料金 23,000円 (税込)から。 全コース内容は コチラ>>>
日本脳ドック学会推奨項目プラン 認知症検査付きの検査は コチラ>>>