ブログ

09日 2018年 03月

あくびならぬ「生あくび」にご用心 脳

脳卒中のひとつとして恐れられている、脳梗塞。
脳内の血管が詰まることで起きる病気ですが、この脳梗塞には前兆となるサインがあります。
実際に脳梗塞を患ったことがある人の多くがこの前兆に心当たりがあると答えているので、
前兆を知っておくことも早期治療の決め手となります。
身体のしびれを前兆として感じた人も多いのですが、それと並んで知っておきたいのがあくびです。
眠い時に出る、あのあくびです。
脳梗塞の前兆には異常なまでの眠気やあくびがあるので、
睡眠不足の心当たりがないのにやたら眠気が強かったりあくびが出るようだと要注意となります。
しかし、あくびは日常的に出るものです。それがすべて脳梗塞の前兆というわけではないので、
要注意のあくびである「生あくび」について知っておいていただきたいと思います。
生あくびとは、本来のあくびとは別の理由で出るあくびのことです。
寝不足であったり、寝不足でなくても起きた直後にあくびが出たりもしますが、
これらは単に身体による眠気への反射的な反応なので問題はありません。
その他にも退屈さを感じた時にもあくびが出たりしますが、これも身体が眠気に反応しているだけなので問題なしです。
あくびをすることで背伸びをしたり口を大きく開けたりするので、
これが刺激となって脳が活性化され眠気から目を覚ましてくれます。
生あくびとは、これらの理由とは別のあくびです。寝不足があるわけではなく、
退屈しているというよりむしろ活発に活動している時に出るあくびは、生あくびの可能性があります。
実際に脳梗塞を経験した人の話によると、脳梗塞の前兆で感じる眠気は通常のものとは異質なもので、
寝て起きたから眠気が改善するということもないといいます。強い眠気と生あくび、
それに加えてろれつが回りにくくなってきたら、かなりの確率で脳梗塞の前兆です。
手足や舌がしびれるような感覚があったらさらに脳梗塞の前兆である疑いが濃厚なので、
一刻も早く医師の診察を受けることをおすすめします。
もっとも、生あくびの段階でその前兆を察知することができれば早期治療にもつながるので、
心当たりのないあくびが妙に多いと感じた場合も「もしかして?」と意識するようにしてください。

脳ドック のご予約はコチラ。 予約 の状況、 時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
※中休みは無く診療しております。
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。

料金 23,000円 (税込)から。 全コース内容は コチラ>>>
日本脳ドック学会推奨項目プラン 認知症検査付きの検査は コチラ>>>