ブログ

19日 2018年 01月

鬱(うつ)を予防する、運動の素晴らしい効果

適度な運動が健康に良いというのは、もはや常識です。
しかし、これがもっぱら語られるのは生活習慣病予防についてです。
確かに生活習慣病の予防においても適度な運動は実に効果的で、
薬を飲んだり医学的な治療をするよりも高い効果を示すこともあります。
適度な運動はそればかりか、心の病気にも高い効果を発揮します。
心の病気といえば代表的なのは鬱病ですが、鬱病を予防したり治療するのにも運動がよく採り入れられています。
運動をすると爽快感が得られたり、外向的な精神状態になりやすいので鬱に効果的だと思われるかも知れませんが、
そういった精神的な効果だけでなく、脳の中にも良い働きがあることが分かっています。
日常的に運動をしている人は脳も歳を取りにくく、加齢によってその差はどんどん開いていきます。
高齢になると運動をしている人としていない人とでは10 歳程度の脳年齢差が生じるともいわれています。
では、ここでいう「適度な運動」とはどんな運動のことでしょうか。
歩いたり走ったり泳いだり、その内容はどれでも構いません。
テニスやゴルフ、さらにウインタースポーツなどさまざまです。
自分が楽しいと思えるものを日常的に行うことが重要です。
「日常的」というのは、3 日に1 回程度体を動かせば十分なので、
これを続けていると脳の老化防止だけでなく生活習慣病の予防にも効果的なのでおすすめです。
なお、いくら体を動かすことが良いとは言え、頭や脳にダメージが及びやすいスポーツには注意が必要です。
例えばスノーボードで頻繁に転倒して頭を打ったり、同じく柔道で頭を打ったりするケースです。
脳に衝撃や振動などの物理的なダメージがあると、
たとえそれが小さなものでも日常的だと積み重なって悪影響が出てしまいます。
脳が元気だと、生活が意欲的になります。生活が意欲的になると体を動かしたくなり、
病気になりにくい体づくりができます。病気になりにくいと脳が元気になる・・・という好循環を手に入れるためにも、
まずはできることから始めてみましょう!

脳ドック のご予約はコチラ。 予約 の状況、 時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
※中休みは無く診療しております。
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。

料金 23,000円 (税込)から。 コース内容は コチラ>>>