ブログ

12日 2018年 01月

脳の健康にも効く、歩くことの効能

毎日1 万歩は歩きましょう、といった呼び掛けをさまざまなところで目にすることができます。
1万歩というと結構な歩数なので意識して歩かないとなかなか難しい数字ではありますが、
これは何も1 万歩でなければならないというわけではありません。
それに近い歩数を目指しましょうという意味です。
この歩くという動作は人間の極めて基本的なもので、歩くことができなくなるだけで
人間は心身の健康に大きな影響をきたします。
この歩く機能を失わないためにも日常的に歩くことで足腰の機能を維持しましょうというわけですが、
実はこの歩く動作は脳の健康にもとても良いことが分かっています。
脳と足とでは体の中で最も離れた部分ですが、これはなぜでしょうか。
私たち人間は歩くことに対して特に意識することはありません。
前に進もうと思ったら自然に足が出て、無意識のうちにバランスを取りながら前に進むことができます。
しかし、この動作において脳はとても大きな役割を担っています。
バランスを崩さないように足を交互に出して前に進むという動作は、
二足歩行ロボットの開発時にも注目されたように、実はとても難しいことなのです。
無意識のうちに脳はその動作がスムーズにできるように活躍してくれているわけです。
しかも歩く動作を維持するために脳はさまざまな情報を認知しています。
足元に障害物がないか、上り坂なのか下り坂なのか、周辺に危険はないか・・・といった具合です。
これ以外にも脳は数え切れないほどたくさんの物事を認知しながら歩行動作をコントロールしています。
つまり、歩くということはこの認知機能をフル回転させることでもあるので、認知機能の維持に役立つのです。
しかも足を動かすための神経細胞も頭にあるので、足を動かすことで血液が頭の中を活発に流れるようになります。
このことも脳を活性化するので、日常的に歩くことが脳の健康増進に大きく寄与してくれるのです。
もっともお金の掛からない運動でもあるので、まずは1 日8,000 歩くらいを目標に
歩く習慣を身につけてみてはいかがでしょうか。

脳ドック のご予約はコチラ。 予約 の状況、 時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
※中休みは無く診療しております。
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。

料金 23,000円 (税込)から。 全コース内容は コチラ>>>
日本脳ドック学会推奨項目プラン 認知症検査付きの検査は コチラ>>>