ブログ

11日 2017年 12月

認知症の患者さんに処方される薬の種類

認知症は脳の病気なので実際に何か変化が見えるわけではないので、

得体の知れない病気というイメージを持つ方が多くおられます。

そのため、「薬を飲めば良くなる」という考えを持っている患者さんや、そのご家族も少なくありません。

しかし、ここでひとつ認識を確かめておきたいのは、「認知症を完治させる薬は存在しない」ということです。

この薬を飲めば効き目に個人差はあっても、いずれ認知症が治るというものがあれば

どんなに良いかと思うのは現場の意見ですが、まだまだ認知症に根本的に効く薬は開発されていません。

それでは、医療の現場ではどんな薬を使っているのかといいますと、それには大きく分けて2つの種類があります。

1つは認知症の原因そのものに作用する薬、もう1つは認知症が引き起こす症状を抑える薬です。

承認されている薬として、アルツハイマー型認知症には現在4つの種類があります。

いずれも脳に作用する薬で、脳の中での情報伝達を助けたり、

認知症を進行させる物質の働きを阻害するものなどがあります。

原因疾患に作用する薬なので、認知症の進行を遅らせたり食い止めたりする効果が期待できます。

もう1つの各種症状に対する薬は、うつ病やてんかんを抑えたり不眠を解消するための薬など、

認知症によって起きている症状を抑えることで症状の悪化を防ぐ目的があります。

まだまだ薬物治療で根本的な治療ができる段階にはありませんが、

それだけに予防が大切であるのは言うまでもなく、認知症リスクを高めない食生活や生活習慣が最大の「薬」です。

脳ドック のご予約はコチラ。 予約 の状況、 時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
※中休みは無く診療しております。
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。

料金 23,000円 (税込)から。 コース内容は コチラ>>>