ブログ

20日 2017年 11月

ご存知ですか?一人酒という「リスク」

このブログではさまざまな依存症についても書いてきていますが、

今回は依存症の中でも国民病といっても良いほど依存症人口が多いアルコール依存についてです。

アルコール依存の怖いところは、アルコール自体がごくごく身近なところにあって

手軽かつ安価に手に入れられることです。

比較の対象にはなりませんが、違法薬物などの依存だと薬物を手に入れること自体が簡単ではないので、

その難しさゆえに依存が進行しないという一面もあります。

ただ、法律で禁止されるほど依存性が強いので少量でも人間を破壊する力は強いのですが。

アルコールは未成年者でなければ誰でも買えて、しかも安価です。

スーパーやコンビニといった身近なところあふれるほど並べられているので、数百円もあれば買えてしまいます。

ここで問題になるのは、一人酒です。

一般的にお酒は複数の人とのコミュニケーションのために飲むことが多く、

この場合はアルコール摂取が目的ではなくコミュニケーションが本来の目的です。

それを円滑にして楽しい気分を増幅するためにお酒があるという位置づけなので依存しにくいのですが、

一人酒は同じものを飲んでいても全く意味合いが異なります。

一人酒をストレス解消やちょっとした気分転換として楽しんでいるうちは良いのですが、

飲酒量が徐々に増えてくると危険信号です。

徐々にそれがお酒を嗜むという習慣ではなく、アルコール摂取という手段に変わっていきます。

一人酒を習慣にしている方は、一人だからといって徐々に量が増えていっていないか、

セルフチェックをしてみてください。

脳ドック のご予約はコチラ。 予約 の状況、 時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
※中休みは無く診療しております。
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。

料金 23,000円 (税込)から。 全コース内容は コチラ>>>
日本脳ドック学会推奨項目プラン 認知症検査付きの検査は コチラ>>>