ブログ

01日 2017年 11月

二所ノ関親方(元大関若島津)の事故が示す糖尿病の怖さ

先日、元大関若島津で現・二所ノ関親方が路上で倒れているのが発見されました。

倒れた時に路面に頭を強く打ちつけているようで、現在の病名は脳挫傷です。

脳挫傷は頭を鈍器で強く打たれた時と同じ怪我なので、それで意識不明になっているのは、

相当打ちどころが悪く、なおかつ衝撃が強かったものと思われます。

問題は、親方がなぜ路上で倒れることになったのか、という点です。

一説によると親方が以前から患っている糖尿病の合併症で脳卒中を起こし、

それで倒れたところで頭を打ったという話もあります。

仮に人がバランスを失って倒れたとしても、

本能的に頭を守ろうとして手で覆ったりして衝撃を和らげようとします。

しかし現実は無防備に頭を打っているようなので、

すでに倒れた時点で意識がなかったか、十分ではなかったのでしょうか。

この記事執筆時点では小康状態とありますが、まだまだ予断を許さない状況が続くでしょう。

ここで改めて取沙汰されているのが、親方が長きにわたって患ってきた糖尿病です。

糖尿病の合併症で脳卒中になったのであれば、糖尿病自体もかなり悪かったことが予想されます。

当院で治療を受けている患者さんの中には糖尿病の方も多く、

糖尿病が悪くなったことで合併症として脳梗塞や脳出血などを

引き起こしてしまったという症例がとても多く見られます。

糖尿病は万病のもとと言われますが、脳の健康のためにも糖尿病に対するケア重要であると改めて思い知らされます。

脳ドック のご予約はコチラ。 予約 の状況、 時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
※中休みは無く診療しております。
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。

料金 23,000円 (税込)から。 全コース内容は コチラ>>>
日本脳ドック学会推奨項目プラン 認知症検査付きの検査は コチラ>>>