ブログ

02日 2017年 10月

再発が怖い脳梗塞、再発予防に役立つ食べ物とは

脳梗塞はとても怖い病気ですが、早期発見であれば比較的安全に治すことができる病気でもあります。

しかし、脳梗塞の原因が生活習慣にある場合、血栓を取り除いて安全を確保したとしても、

それまでの生活習慣が続いているとまた同じように血栓ができてしまう可能性があります。

これが脳梗塞の再発を招くリスクを高めてしまい、

データで見ても脳梗塞が完治した人であっても3年以内に2~3割の人が再発してしまうという傾向が見られます。

一度助かったからといって次も助かる保証はなく、次の発症では前回よりも症状が重く、そして影響が広くなりがちです。

重篤化すると命に関わるばかりか命が助かっても重い後遺症に悩まされることもあります。

そんな脳梗塞の再発を防ぐには「1にも2にも生活習慣の改善」です。

野菜を多くして炭水化物や油分、お酒を控えめに…というのは、脳梗塞だけでなくあらゆる生活習慣病の予防で言われることです。

それができれば苦労はないという声が聞こえてきそうなので、ここでは積極的に摂るように心がけたい食べ物をご紹介します。

その筆頭格は、納豆です。何かと健康に良いと言われている食べ物ですが、

脳梗塞の原因である血栓を作ってしまう成分のフィブリンを溶かす働きがあります。

ただし、脳梗塞の薬としてワーファリンを服用している方は納豆禁止です。

逆効果になってしまうので食べないようにしてください。

もう1つ、生活習慣に採り入れたいのが水分です。

特に睡眠時の水分補給は重要なので、寝る前と起きた直後にコップ1杯の水を飲むと効果的です。

これは、寝ている間に水分が失われることで血液が濃くなり、

それが血流を妨害してしまうことで血栓を作ってしまうことを防ぐためです。

いわゆる「血液サラサラ成分」も、血栓ができにくくなるので摂取したい栄養素です。

青魚に含まれているDHAやEPA、ポリフェノールなどおなじみの成分は血液をサラサラにする効果が期待できるので、

その延長線上に脳梗塞の再発予防があります。

もっとも、食生活は体に良いからと言ってそればかり食べているのは良くありません。

脳梗塞の再発予防が期待できる食べ物を採り入れつつ、

バランス良く食べることが体全体の健康に資することは言うまでもありません。

脳ドック のご予約はコチラ。 予約 の状況、 時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
※中休みは無く診療しております。
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。

料金 23,000円 (税込)から。 コース内容は コチラ>>>