ブログ

10日 2017年 08月

ITで認知症介護を支援する仕組みが続々登場

ITの進化により、続々と認知症介護を支援するアプリやシステムが登場しています。

こうした文明の利器は利用しない手はないので、特に秀逸なものをご紹介したいと思います。

認知症の症状に徘徊がありますが、本人にその意識がないだけに重大な事態になるリスクも高く、

徘徊していることをいかに早く察知し、その本人がどこにいるのかを知ることが課題です。

そんな時に活躍しそうなのが、iSEEDという会社が開発した「パルモどっち君」というアプリです。

この製品は「パルモどっち君」というアプリと小型のGPS端末がセットになっていて、

この超小型GPS端末を認知症の人の衣服などに装着しておいて、

後はそのGPS端末からの位置情報で徘徊を検知できる仕組みです。

秀逸なのは加速度センサーがついているので、徘徊が始まったことをいち早く検知できることです。

そして位置情報を取得して付属のアプリで確認することができるので、

徘徊による影響を最小限に食い止めることができます。

次にご紹介するのは、先ほどのアプリよりも広範囲に及ぶサービスです。

携帯キャリアのソフトバンクが提供している「オレンジセーフティネット」というもので、

認知症の人が人知れず行方不明になってしまう事態を防ぐために運用されています。

今や認知症患者の数はうなぎ登りに増えていて、

なんと年間1万5,000人もの人が認知症の症状と思われる原因で行方不明になっています。

ソフトバンクが提供する「オレンジセーフティネット」では捜索依頼情報が全国レベルで共有されているので、

遠距離に及ぶ徘徊で行方不明になってしまっている人の早期発見にも威力を発揮しそうです。

これからもITの進化によって私たちの生活はどんどん便利で安全なものになっていくと思われますが、

特にこの認知症や医療、介護の分野でこうした技術が発達してきていることは認知症のご本人にとっても、

ご家族にとっても喜ばしいことだと思います。

脳ドック のご予約はコチラ。 予約 の状況、 時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
※中休みは無く診療しております。
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。

料金 23,000円 (税込)から。 コース内容は コチラ>>>