ブログ

21日 2017年 07月

脳を再生させる医療の時代が到来

認知症の原因となるアルツハイマー病をはじめ、脳に病変が起きると重大な症状に発展する可能性が高く、

それゆえに脳ドックなど脳の健康状態を知ることの重要性が指摘されています。

一般にもこうした意識は浸透してきているので、認知症の兆候をチェックしたり

脳ドックを受診するなど何らかの行動に移す人が多くなりました。

こうした傾向は喜ばしいことですが、すべて病気の予防や進行を食い止めるといった「守り」の医療です。

そんな脳の医療に、ここにきて再生医療という「攻め」の医療が注目を集めています。

一度は病気でダメージを受けてしまった脳を再生し、

機能を回復させることを目的としているので、まさに「攻め」です。

実はこうした再生医療の分野では、日本の医療界が世界をリードしています。

ノーベル賞を受賞したiPS細胞も再生医療への道を開く研究成果として世界から注目を集めていますが、

それ以外にもES細胞などの幹細胞を利用することでダメージを受けた部分、

失った部分を再生する医療の研究は日進月歩で進んでいます。

そこから生まれたひとつの成果が、細胞薬です。

あまり聞きなれない言葉ですが、細胞薬は人の細胞から作る薬のことです。

先ほど述べた幹細胞が持つ再生力を使って、脳などダメージを受けているところに投与をすることで細胞レベルから再生していく薬です。

これが実用化されると、脳梗塞で死滅してしまった脳細胞や、

アルツハイマー病で委縮してしまった脳の再生など、これまで治すことができなかった脳の病気を根本的に治療できるようになります。

まさに夢のような医療ですが、その医療が未来の夢ではなくなりつつあります。

すでに網膜細胞や心筋細胞といった分野では日本の研究チームが特許を出願しており、

これが実用化されると目の病気、心臓の病気に絶大な威力を発揮することでしょう。

もちろん予防すること、進行を食い止めるという医療も非常に重要です。

これからはそれに加えて、「元に戻す」という医療が加わることで治せる病気がもっと増えていくことに期待したいと思います。

脳ドック のご予約はコチラ。 予約 の状況、 時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
※中休みは無く診療しております。
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。

料金 23,000円 (税込)から。 コース内容は コチラ>>>