ブログ

10日 2017年 06月

長期的なストレスは脳を傷つけてしまいます

うつや統合失調など、いわゆる心の病で休職をしたりする事例が多くなっています。

かつてはこうしたメンタルヘルスへの理解がほとんど行き届いておらず、

精神的にキツいからといっても「甘えているだけ」という言葉で一蹴されてきました。

しかし、今はメンタルヘルスへの関心が高まるにつれて、

心の働きが仕事や生活など人間の営みに与える影響が各方面で指摘されています。

そこまでは精神科や心療内科といった心に対する医療分野の話ですが、

実はこうした精神疾患は脳神経外科の分野でもその影響や現象が分かるようになってきています。

うつ病の原因はさまざまですが、最大の引き金になるのは慢性的、長期的なストレスです。

一時的に強いストレスを感じたとしてもそのストレス原因から離れることができれば、

人間は自然にそのダメージを修復します。

しかし、長期的なストレスが同じ原因で掛かり続けるような状態が続くと、

人間はそのストレスに負けてしまうことがあります。

これがうつ病につながるというわけですが、その時に脳の中では目に見える変化が起きています。

うつ病を発症している患者さんの脳内をMRIで撮影、観察すると、

よく見られるのが「帯状回」や「海馬」の変化です。

帯状回は感情や情動をコントロールする部分で、海馬は記憶などを司っています。

脳への直接的なダメージについてはあまり分かっていなかったことですが、

長期的なストレスが牙をむいて脳を傷つけているということが分かると、

「甘えているだけ」という誤解も解かれていくのではないかと思います。

ストレスが体に良くないというのは誰でも理解していることなのですが、

その中でも特に長期的に同じストレスが掛かり続けると脳へのダメージが懸念されるので、

ストレス発散だけでなく環境を変えるなど根本的な解決も視野に入れたストレス管理が必要になると思います。

脳ドック のご予約はコチラ。 予約 の状況、 時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
※中休みは無く診療しております。
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。

料金 23,000円 (税込)から。 コース内容は コチラ>>>