ブログ

06日 2017年 05月

「運転中のくも膜下出血で大事故」を防ぐための取り組み

高齢者による重大な交通事故のニュースが後を絶ちません。
高齢者という言葉自体の定義が難しいこと、それまで長らく運転を
してきたが問題がなかったという人に問題意識を持ってもらうことの難しさなど、
高齢者の交通事故問題はこれからもさらに問題が拡大・複雑化していくでしょう。
高齢者に限らず、運転中に何か突然の体調変化が起きてしまい
運転手が意識を失ってしまうと、それは運転手がいないのと同じことです。
てんかん発作や心臓発作などで起きた交通事故についても
大きく報道されたので記憶に新しいところですが、
脳の病気も意識を失う可能性が高く、重大な交通事故を招く恐れがあります。
自動車の運転中も、血圧は常に上下を繰り返しています。
ただでさえ運転中は神経がたかぶっているので若干血圧が高めになるので、
そこにヒヤッとするような場面があったり、渋滞、危険な割り込みなどによって
イライラするようなことがあると、さらに血圧は上昇します。
生活習慣病によってすでに脳内結果にダメージがあったり、
動脈瘤があるような状態でこんな血圧変化に直面したら、
ひどい場合はくも膜下出血の可能性もあります。
高齢になるにつれて血圧は自然に高くなりがちになるため、
高齢で生活習慣病を抱えている人の自動車運転には、
実は意外に高いリスクがあるのです。
北村クリニックではこの問題を社会の課題ととらえ、
一般社団法人運転従事者脳MRI健診支援機構が行っている活動を支援しています。
具体的にはMRI検査による脳のスクリーニング検査を通じて
運転中のくも膜下出血発症リスクを察知し、突然死とそこから引き起こされる重大事故を予防します。
突然起きる脳の病気と交通事故は、どちらも不幸しか招きません。
その両方が組み合わされてしまうとさらに大きな不幸を招くことになるので、
北村クリニックは医療からのアプローチで安心できる交通社会の実現に協力しています。

脳ドック のご予約はコチラ。 予約 の状況、 時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
※中休みは無く診療しております。
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。

料金 23,000円 (税込)から。 コース内容は コチラ>>>