ブログ

12日 2017年 02月

治る認知症がある?・・・慢性硬膜下血腫とは

認知症の中でも治る認知症があるのをご存知ですか?
そもそも認知症とは、老化による物忘れとは違います。

下記が老化による物忘れと認知症の特徴です。
◆老化による物忘れ
原因:脳の生理的な老化
もの忘れ:体験したことの一部を忘れる(思い出すことがある)
進行:あまり進行しない
判断力:低下しない
自覚:忘れっぽいことを自覚している
日常生活:支障がない
◇認知症
原因:脳の神経細胞の変性や脱落
もの忘れ:体験したことの全てを忘れる(思い出せない)
進行:だんだん進行する
判断力:低下する
自覚:忘れたことの自覚がない
日常生活:支障をきたす

認知症の85%がアルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、
血管性認知症で占めています。
残りの15%の中に治る認知症が存在します。
それが『慢性硬膜下血腫』です。
転倒などで頭を打ったなどで起こる病気で、打撲後2~3ヶ月後に起こります。
症状によっては、物忘れや歩行障害、尿失禁など認知症とよく似た症状が特徴です。

慢性硬膜下血腫の治療法は2種類あり、1つは頭蓋骨に10円ほどの穴をあけ、
血種を除去する方法があります。その他には、漢方薬で経過観察する方法です。
緊急時の場合は、頭蓋骨を大きく切開し摘出する場合もあります。

認知症の症状がある高齢の方にも慢性硬膜下血腫だったとういことがよくあります。
高齢だからと言って認知症とすぐに決めつけず、
転倒や頭をぶつけた場合は、診察を受けに来て下さい。
慢性硬膜下血腫であれば、血種を除去すれば
脳は元の状態に戻ります。

脳ドック のご予約はコチラ。 予約 の状況、 時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
※中休みは無く診療しております。
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。

料金 23,000円 (税込)から。 コース内容は コチラ>>>