ブログ

23日 2017年 01月

生活習慣病と認知症の関係について

生活習慣病といえば、偏った食事、運動不足、喫煙、
過度の飲酒、過度のストレスなど、好ましくない習慣や
環境の積み重ねが原因です。
死亡原因の60%以上が生活習慣病によるものとされています。
高齢者の生活習慣病は増え続けており、
認知症と大きく関連している事も分かってきました。

認知症の中でも1位はアルツハイマー病で2位は血管性認知症です。
血管性認知症は、脳の血管の一部が詰まったり、破れたりすると、
その血管が担っていた部分の脳の神経細胞が障害を受け
その神経細胞が担っていた機能が失われてなる病気です。
高血圧、糖尿病、脂質異常症などに対する予防や
治療が進んだため減少してきましたが65歳未満発症の
若年性認知症の原因疾患としては最も多く、約40%を占めます。
最近の調査では、高血圧の方は正常血圧の方と比べると脳血管性認知症の
リスクが2倍にも3倍にもなることがわかりました。
2型糖尿病は、血管に障害を起こし脳血管性認知症とも関わりがあると
されていますが、アルツハイマー型認知症になるリスクも高いとも言われています。
そして糖尿病の人の発症リスクは、血糖値が正常な人より
2倍以上も高くなっている事も明らかになっています。

・肥満で2倍
・高血圧症で2倍
・脂質異常症で2倍
3つをあわせ持つメタボリックシンドロームは、
認知症の発症率が6.2倍に上昇したと報告されました。
したがって、メタボリックシンドロームの予防・改善は
認知症や若年性アルツハイマー病の予防にも大変有効です。

生活習慣病といった基礎疾患を一つ一つ減らすことで、
認知症や若年性アルツハイマー病の予防・治療に効果が
あることが数々の研究からも分かっています。
つまり、これらに留意して運動・睡眠・食事といった
生活習慣を今一度見直していただければと思います。

※物忘れ・認知症のページはコチラ

脳ドック のご予約はコチラ。 予約 の状況、 時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
※中休みは無く診療しております。
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。

料金 23,000円 (税込)から。 コース内容は コチラ>>>