ブログ

21日 2016年 12月

一過性脳虚血発作は脳梗塞の警告。併発する恐ろしい病気

脳卒中の一つである脳梗塞は認知度の高い病気ですが、

一過性脳虚血発作はあまり知られていません。

しかし、一過性脳虚血発作は脳梗塞を併発する可能性が極めて高い、脳梗塞の警告なのです。

初期症状としましては、
・言葉が出なくなる
・ろれつが回らなくなる
・口をうまく閉められなくなる
・顔がゆがんで口元がしびれた
・片側の手や足がしびれた
・片方の目に膜がかかったように見えなくなる
・半身が脱力して倒れそうになった
・視野が狭くなる
・目の焦点が合わなくなる
・物が二重・三重になって見える
・人の言うことがうまく理解できない
・思ったように文字が書けない

脳梗塞の恐ろしさは致死率の高さもそうですが、

脳梗塞患者のほとんどがなってしまう後遺症も怖いものです。

片麻痺や言語障害、意識障害などで寝たきりになってしまう可能性も高いのです。

※一過性脳虚血発作についてはコチラ

※脳卒中・脳梗塞のページはコチラ

脳ドック のご予約はコチラ。 予約 の状況、 時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。

料金 23,000円 (税込)から。 コース内容は コチラ>>>