ブログ

11日 2016年 12月

その突発性難聴、本当にそう?

難聴や耳鳴りで耳鼻咽喉科で突発性難聴と診断されて、

本当の原因の聴神経腫瘍とわかるまで3年...そんな話を良く耳にします。

聴神経腫瘍は良性の腫瘍で他の臓器に転移したり、

1~2ヶ月で大きくなったりはしませんが、

診断に3年もかかるとその分腫瘍が大きくなり手術も大変です。

大きくなると脳を圧迫し、歩行障害や意識障害などをきたし、

最終的には、生命にかかわってくる病気です。

通常は、ウィルス性難聴や血管障害による難聴を疑います。

それでも診断がつかない場合にMRI検査を行い、

聴神経腫瘍など全ての可能性を排除しても原因がわからない時、

初めて突発性難聴という診断にたどりつきます。

聴神経腫瘍は、遺伝子異常および遺伝性が明らかにされています。

もし血縁者に聴神経腫瘍の既往歴がある場合は、

数年おきにMRI検査をすることをおすすめします。

※聴力障害・耳鳴りのページはコチラ

脳ドック のご予約はコチラ。 予約 の状況、 時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
※中休みは無く診療しております。
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。

料金 23,000円 (税込)から。 コース内容は コチラ>>>