ブログ

10日 2016年 11月

耳鳴りはどうして起こる? 耳鳴りの原因と病気との関係とは

耳鳴りの原因は様々あります。

ストレスが原因の場合や加齢が原因の場合もあります。

原因不明のときもあります。

しかし一番注意しなければならないのは、病気が原因のときです。

重い病気が耳鳴りを引き起こしている場合もあります。

通常、命に関わるような症状はありませんが、

そのような重い病気にかかっている可能性があることも忘れてはいけません。

耳なりがおこる代表的な病気としては
・加齢による難聴  ・メニエール病   ・耳硬化症   ・聴神経腫瘍  
・突発性難聴    ・交通事故     ・薬物性耳鳴  ・血管性耳鳴
・額関節症     ・筋肉のけいれん  ・遺伝性    ・飛行機や登山時

突然命に関わらなくても、徐々に症状が進行し、

その結果死につながったり後遺症が残ることが多いのが脳梗塞の特徴です。

血管に影響を与える病気にも様々ありますが、

この際にも耳鳴りが前兆となる可能性があります。

耳鳴りだからといってすぐに大きな病気を疑っていくわけではありません。

ですが、大きな病気でなくとも病気の影響により

耳鳴りが一時的に発症してしまうことがあります。

耳鳴りというのは、なぜ起こるのかという原因の特定が非常に難しいのですが、

あまりにも耳鳴りがひどいときには、

診察を受けることで解決の糸口を見つることができるかもしれません。

※聴力障害・耳鳴りのページはコチラ

脳ドック のご予約はコチラ。 予約 の状況、 時間帯にもよりますが

MRI検査・頸動脈エコー検査共に、当日予約もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。
【電話受付時間】平日 9:00 - 17:00 / 土曜日 9:00 - 12:00 / TEL:078-261-3533
WEBフォームからは、24時間ご予約が可能です。

料金 23,000円 (税込)から。 コース内容は コチラ>>>